現実も見えてないくせにね

先日、異動してきたばかりの職員がキレてしまいました。
「この介護施設での介護は間違っている!」とまぁ、理想と現実のギャップに耐えられなかったんでしょうか。

彼の言う理想はよく分かります。
でもね、現場は少し違うということを理解して欲しいですね。
もちろん私たちだって理想通りの介護をしたいです。
でも限られた人員で、しかも介護度が重い入居者ばかりでは出来ることに限度があります。
それを理由にしてはいけないのは重々承知ですが、現実はそうなんです。

一人の入居者を見つめてその方の訴え通りに対応するのは良いと思いますが、では他の入居者全員にも同じように対応できるのか?
たくさんの入居者の中に職員が2〜3人しかいないのに、そんな事出来るんでしょうか。

理想だけで現場は回せません。
そこが見えていないくせに理想ばかり掲げるのはやめて頂きたいですね。
カーッとなりやすい人らしいですが、この先何度もあんな風にキレられたらこちらがもちません…。
あー、考えていたらイライラしてしまう(~_~;)